家族葬が好まれるワケとは?

近年、お葬式の形は大きなものから小さなものに変化してきています。小さなお葬式、家族葬が中でも多く施行されているようです。本来お葬式とはひっそりと行われるものでしたが、戦後から高い費用をかけて豪華なお葬式にしたり、高いお布施を払って立派な戒名をつけてもらうことがいつしかお葬式の当り前えになってしまったようです。

戒名やお葬式は高くて立派であれば良いという訳ではなのです。家族葬は、近親者や親しい人のみで行う小さなお葬式の形です。

・親しい人だけで行いたい
・近所に負担をかけたくない
・宗派にこだわりたくない(読経や戒名も要らない)

などの理由から選ばれるようになりました。結果的に、

・葬儀費用も軽減できた
・近しい間柄のみで見送れて温かなお葬式になった
・経済的な負担となる香典返しや参列者の飲食費用も抑えられた

という声も多いようです。
やはり、川崎などの家族葬のような規模の小さいお葬式なら、経済的にも安心ということが大きなポイントです。
また最近では、お葬式のしきたりやマナーに促されず、音楽葬やお別れといった形で行われる家族葬も増えています。
家族葬の定義はありません。故人の希望、自分の希望に沿った家族葬が理想的です。