葬儀に参列する際の服装

お葬式に参列する際に本当にこの服装は正しいのかと不安になったことはありませんか。急な葬儀のためにもちゃんと服装について知っておくようにしましょう。男性は、基本的にブラックフォーマルです。ワイシャツは白で無地、ネクタイは黒にしましょう。靴下は黒が良いですが、もしない場合は派手ではない色を選びましょう。急な訃報で、職場などから通夜に駆け付けるときはコンビニや量販店等でネクタイ、靴下を購入して黒か紺のスーツで参列します。通夜の際は礼服でなくても構いません。ですがお葬式や告別式に参列する場合は礼服を着ましょう。女性は、黒で無地の着物か、黒のワンピースかスーツです。アクセサリーは地味にして髪飾りは白か黒にしましょう。スカートは膝が隠れる丈のものを履きましょう。座ったり立ったりとひざを曲げることが多いのでフレアスカートかプリーツスカートが良いです。指輪は結婚指輪以外は外すようにして結婚指輪でも石がついている場合は、手のひらに回して隠すようにしましょう。しかし、真珠のネックレス、イヤリングは認められているのでつけても大丈夫です。葬儀に参列する機会は頻繁にないので、正しい服装やマナーなどがよく分からない人が多いでしょう。いざというときのために、今一度お葬式について確認しておく必要があります。

参考:kimie-s.com

自分の葬儀を行うために

だれでもいつかは亡くなりますが、自分がどのようなお葬式を望むのかといったことを家族などと話す機会はなかなかありません。そこで自分のお葬式を思い通りのものにするためには、事前に希望の内容を家族に話しておくことが必要です。家族葬としたいのか会社関係者などお世話になった多くの方にみおくってもらえるよう盛大に行いたいなど希望内容をなるべく細かく伝えておくことが重要です。お葬式では費用がかかることになりどのようなお葬式を望んでいるのか家族に伝えづらいという方は、生前の間に葬儀屋に見積もりをとっておくことがお勧めです。具体的な葬儀内容を伝えて見積もりをとっておけばどのようなお葬式にすればよいのか残された家族も気にすることがありませんし、かかる費用も事前に把握できるため安心です。見積もりにも親身に対応してくれる葬儀屋であれば実際のお葬式の時にも親身に対応してもらえるので、ここで依頼すべき業者かどうかを見極めることができます。

参考:http://www.kimie-kumamoto.com/

多様に選べる葬儀の形

突然、不幸事はやってきます。だからといって、葬儀の準備をしておくことには、気が引けて、わかっていても、準備をしておらず、悲しみにくれているときに葬儀の準備をしなければならず、なにから進めていけばいいかわからずに、まずは、葬儀業者を探すところから、手間取ってしまうことがあります。 “多様に選べる葬儀の形” の続きを読む