義父を川崎の家族葬で送りました

最近では、葬儀は多様化し、従来通りの葬儀から、家族葬、直葬など様々なスタイルが増えています。特に葬儀の価格は明瞭になったとは言え、一般の葬儀の値段はまだまだ高く、また身近な親族だけでしめやかに送るほうが良いと考える人が増え、家族葬を営む家庭が増えています。私の父が亡くなった時は、普通の葬儀を葬儀会館で営みました。

お坊さんは、田舎出身の母の希望もあり、導師さんと脇導師さんの3名をお願いした事もあり、葬儀社への支払いと、お坊さんへのお布施で結構高くつきました。それでも、母が満足できる葬儀を営めて良かったと思います。

一方その後、義父が他界した時には、女房の兄弟の長男の発案で、川崎の家族葬を営みました。こじんまりとした式場で、私達兄弟夫婦と、孫や曾孫や親しく付き合っていた親族だけで父を送りました。

通夜や葬儀の各式次は同じですが、一般の葬儀に比べて、義父の思い出話などをじっくり語り合う事ができ、本当に家族葬も良いものだと思いました。費用も父の葬儀で掛かった費用の1/3程度で済みましたし、それ以上に全く違った葬儀の雰囲気で、費用以外の要素でも、家族葬はもっと広まるのではないかと思いました。