子供の喪服や礼服にはどのようなマナーがあるのでしょうか?

赤ちゃんや幼児、小学生の喪服、その他のマナーについて

お通夜や葬式の場に赤ちゃんは連れて行かなくてもいいと考える方もいらっしゃいますが、亡くなった人が家族や親戚の場合は連れて行かないというわけにもいきません。出席する場合、赤ちゃんであっても黒色のベビー服が好ましいとは言えますが、市販品でそうした服はなかなか見当たらないので、薄目であったり、控えめな色の服にするのが良いと言えます。 “子供の喪服や礼服にはどのようなマナーがあるのでしょうか?” の続きを読む

香典袋の書き方 宗教や葬式・法事の際の書き方の違いとは?

香典袋の表書きの書き方とは?

香典袋には、表袋と中袋の2つがあります。ではまず表袋の表書きの書き方についてご紹介します。
香典袋の表書きには、仏式の場合であれば水引のついた物に「御霊前」と書くのが一般的です。
ただ、浄土真宗の場合には亡くなるとすぐに成仏するという考え方から、御霊前は使用せず「御仏前」と書くようにします。 “香典袋の書き方 宗教や葬式・法事の際の書き方の違いとは?” の続きを読む

家族葬は故人の希望に沿ったシンプルな葬儀

葬式にかかる費用をなるべく抑えたいと思うのは、遺族よりも故人その人が強く望む場合もあります。仰々しいものは避け、本当に親しい人間のみに見送って欲しい、家族葬には、そんな故人の願いを叶えるのに最適な葬儀方法といえます。
“家族葬は故人の希望に沿ったシンプルな葬儀” の続きを読む

家族葬が好まれるワケとは?

近年、お葬式の形は大きなものから小さなものに変化してきています。小さなお葬式、家族葬が中でも多く施行されているようです。本来お葬式とはひっそりと行われるものでしたが、戦後から高い費用をかけて豪華なお葬式にしたり、高いお布施を払って立派な戒名をつけてもらうことがいつしかお葬式の当り前えになってしまったようです。

戒名やお葬式は高くて立派であれば良いという訳ではなのです。家族葬は、近親者や親しい人のみで行う小さなお葬式の形です。

“家族葬が好まれるワケとは?” の続きを読む