子供の喪服や礼服にはどのようなマナーがあるのでしょうか?

赤ちゃんや幼児、小学生の喪服、その他のマナーについて

お通夜や葬式の場に赤ちゃんは連れて行かなくてもいいと考える方もいらっしゃいますが、亡くなった人が家族や親戚の場合は連れて行かないというわけにもいきません。出席する場合、赤ちゃんであっても黒色のベビー服が好ましいとは言えますが、市販品でそうした服はなかなか見当たらないので、薄目であったり、控えめな色の服にするのが良いと言えます。 “子供の喪服や礼服にはどのようなマナーがあるのでしょうか?” の続きを読む

香典袋の書き方 宗教や葬式・法事の際の書き方の違いとは?

香典袋の表書きの書き方とは?

香典袋には、表袋と中袋の2つがあります。ではまず表袋の表書きの書き方についてご紹介します。
香典袋の表書きには、仏式の場合であれば水引のついた物に「御霊前」と書くのが一般的です。
ただ、浄土真宗の場合には亡くなるとすぐに成仏するという考え方から、御霊前は使用せず「御仏前」と書くようにします。 “香典袋の書き方 宗教や葬式・法事の際の書き方の違いとは?” の続きを読む

お葬式だけではないお寺にもっと親しもう

お寺というと、知り合いのお葬式でもないと行かないという方、遠方にあってめったに先祖のお墓参りにも行かないという方も多いかもしれません。ですが、もっと身近な存在として先祖代々のお墓があるお寺を問わず、近くの施設に赴いてみてはいかがでしょうか。朝の座禅会を開催して、精神統一や仕事前の集中力アップに役立つ時間を提供してくれたり、写経会や法話のイベントを開催して心身のリラクゼーションや心の癒しの時間や気持ちを緩やかにする時間を提供してくれている場所もあります。また、お子様向けの学習塾を運営し、礼節も含めて教えてくれる寺子屋を開催しているところや、地域の方に開かれたイベントとして春のお釈迦様のお誕生日に花祭りを開催したり、お盆の法会や年末の除夜の鐘を順について1年の厄を祓う機会を用意してくれるところもあります。また、厄年の厄払いもできますし、新車を買った際の交通安全のお祓いなどもできますから、もっと気軽に利用してみましょう。

参考:http://www.saiganji-amida.com/

家族葬など小さなお葬式でもこだわりたい会場選び

近年は家族のみの極少人数で行う家族葬や、家族と親族、近しい親友の方のみで行う小さなお葬式がトレンドとなっています。同居している数人の家族のみで行い、かつ、費用を最小限に抑えたいという場合は別として、小さなお葬式であっても会場選びには気を配りたいものです。家族葬などの小さなお葬式だから、会場も小さくていい、葬儀社も知名度もない小さくて安いところが安心と思われる方もいますが、実際に葬儀をしてみると、もう少しきちんとしたところで行えば良かったと後悔される方も少なくないからです。地域で信頼ある知名度の高い葬儀社や一般葬もできる規模の会館でも、家族葬向けの会場や部屋も用意されていたり、小さなお葬式向けのプランも用意されています。それなりの規模や信頼性のある会館や会場を選ぶメリットは、初めての方も立地が分かりやすく、案内や受付もスムーズで、雰囲気もよい場所で最後のお見送りができることです。スタッフの対応やサービスも丁寧で、満足のいくお別れができます。

参考:haruka-yaita.com