香典袋の書き方 宗教や葬式・法事の際の書き方の違いとは?

香典袋の表書きの書き方とは?

香典袋には、表袋と中袋の2つがあります。ではまず表袋の表書きの書き方についてご紹介します。
香典袋の表書きには、仏式の場合であれば水引のついた物に「御霊前」と書くのが一般的です。
ただ、浄土真宗の場合には亡くなるとすぐに成仏するという考え方から、御霊前は使用せず「御仏前」と書くようにします。
神式の場合は、「御神前」「御玉串料」「御榊料」などと書きます。
キリスト教の場合は、仏式や神式のように水引のついた香典袋は使用しません。
白無地かユリの花・十字架が書かれた香典袋を使用し、「御霊前」「御花料」などと書きます。
もしも事前に亡くなった方の宗派が分からない場合には、「御香料」「御香資」「御香奠」とするといいでしょう。
下の段には、個人参列者の氏名をフルネームで記入します。
会社として参列する場合には、右側に会社名を書き、その横に役職名・フルネームを書くようにしましょう。

香典袋の中袋の書き方とは?

香典袋の中袋の書き方は、また表袋の書き方とは違ってきます。
まず、香典袋の中袋の表書きには、中央に包んだ金額を記入します。
この時、書いた金額が改ざんされないように、旧式の漢数字で書くのが一般的です。
例えば、「一・二・三・五・七・十・千・万・円」と書く場合には、
「壱・弐・参・伍・七・拾・阡・萬・圓」と書くようにしましょう。
そして、香典袋の裏には、左下に参列者の住所・氏名を記入するようにしましょう。
因みに、香典袋の中には中袋のないものもあります。
この場合には、表袋の裏に住所・氏名・金額を記入すれば問題ありません。

香典袋は薄墨で書くのが基本

お葬式に参列する際に香典を持っていく場合には、香典袋の表書きは薄墨で書くのが基本です。
これは、悲しみで墨も涙でにじんでしまったという意味が込められています。
最近では、弔事用の薄墨の筆ペンやサインペンなども販売されているので、準備しておくといざという時に便利です。
ただ、薄墨で書くのは表袋のみで、中袋に各金額や住所などは、黒のサインペンなどでも問題ありません。

masanorisekizai.jp

四十九日を過ぎたら香典袋の表書きが変わる

葬儀の際に用意する香典袋の表書きは、基本的に「御霊前」とします。
これは、浄土真宗を除き、亡くなった方の魂がこの世にとどまっていると考えられているからです。
しかし、四十九日を過ぎると魂があの世に旅立ち、仏となるため「御仏前」と書くようになります。
因みにお葬式以降の法事に香典を持参する場合には、故人が亡くなってから時間が経っているので表書きもすべて黒を使って書くようにします。