葬儀の形式による費用の比較

個人を見送るための葬儀には様々な形式があります。直葬、家族葬のような小規模なものから大規模葬儀まで。
それぞれに特徴がありますが、今回はかかる費用にスポットを当ててご紹介したいと思います。

火葬(直葬)

直葬とは葬儀式を行わずに、火葬のみで故人を送りだすスタイルです。
遺体を納棺し、火葬にして収骨してからはそのまま散会となります。
かかる総費用は10万円未満が相場となります。

家族葬

近年増えているのが家族葬です。家族のみ、もしくはごく近しい親族で故人を送り出す方法です。
式を自宅で行う場合と式場で行う場合があり、前者は15万円、後者は25万円前後が相場となります。
香典が無いので、結果的には高くついてしまう場合もありますが、弔問客の対応に追われず、ゆっくりと丁寧に故人とお別れが出来るのが最大のメリットではないでしょうか。

市民葬

公営の斎場を利用する葬儀です。
最も費用を抑えることができる方法で、総費用は斎場にもよりますが、20万円未満が相場です。
額面で見ると家族葬よりも高くなりますが、香典を弔問客からの香典で支出を補うことが出来ます。

一般葬

式場を借りて飾りつけし、弔問客を招いて行う一般的な葬儀です。
費用相場は50万~70万ほどです。

大規模葬(社葬、会葬等)

広く弔問客を招き、大規模な式場で行う葬儀です。
社葬や会葬として行われることが多く、費用は200万円前後になります。

まとめ

葬儀を行うにあたって、費用が全てではありませんが、必ず考えなければいけない問題です。
ぜひ参考にしていただき、ベストな形で故人を送り出していただければと思います。

費用については八千代市で葬儀を行う「ファイナルステージ浄彩」を参考にさせていただきました。