改葬について

昨今は田舎の過疎化にともなって、人々は生活のしやすい都会方面へと移動している傾向がありますが、こんな時になかなか先祖伝来のお墓のこと迄はどうしても後回しか、次第に忘れ去ってしまう事もあるようです。

然しながら心ある人は先祖を祀っているお墓は大事である事を十分認識していて、何時の日にかお墓の移動のことを考えます。 このように墓地やお墓を他の場所、位置に移すことを「改葬」ともいいますが、ただ、これは勝手に改葬するわけにはいかないのです。

勿論、檀家をもつお寺さんのようなところは当然として、部落同士や個人の墓地にしても自由に改葬を行うことができないのが通常です。 即ち、今現在、田舎に埋葬されている墓地の遺骨などはを、他の場所に移動させるにはそれなりの手続きも必要になり、地元の役所の許可が必要になるということです。

実は此れには法律がありまして「墓地、埋葬等に関する法律」というのが既に存在しているため、役所や行政の許可なく改葬した場合には罰則が発生する場合もあるのです。
そればかりではなく、田舎の地元から墓地を掘り起こしたり、遺骨を取り出す時には僧侶による法要を行い、「魂抜き」を行うのが一般的です。 この時、昔の事で古くなって遺骨が見つからない場合は、其処の「遺土」を移すことになります。

改葬先としては、流山市の霊園の様に、宗派を問わずに埋葬が可能な霊園を選ぶといいかもしれません。