子供の喪服や礼服にはどのようなマナーがあるのでしょうか?

赤ちゃんや幼児、小学生の喪服、その他のマナーについて

お通夜や葬式の場に赤ちゃんは連れて行かなくてもいいと考える方もいらっしゃいますが、亡くなった人が家族や親戚の場合は連れて行かないというわけにもいきません。出席する場合、赤ちゃんであっても黒色のベビー服が好ましいとは言えますが、市販品でそうした服はなかなか見当たらないので、薄目であったり、控えめな色の服にするのが良いと言えます。また、幼児の場合は通っている保育園か幼稚園の制服、小学生の場合は学校に制服があればその制服を着ていくようにしましょう。もし、公立など、学校に制服がない場合は黒白といったモノトーンでまとめられた服を着用しておけば問題はありません。靴は黒、白、紺といったものであればよく、幼児や小学生の場合はそれがスニーカーであっても特に失礼ではありません。ただ、くるぶし丈のスニーカーソックスは避けるべきであり、普通丈で黒か白の靴下を履くようにしましょう。また、長い髪の女の子の場合、後ろでまとめて結び、すっきりさせるようにしましょう。

中学生や高校生の喪服、その他のマナーについて

中学生や高校生の場合、学校の制服がある場合はその学校の制服を着て出席すれば問題はありません。また、幼児や小学生と同様に黒、白、紺などのスニーカーを履いていっても失礼はありません。ただし、こちらもくるぶし丈のスニーカーソックスではなく、普通丈の派手ではない靴下を履いていくようにしましょう。
もし、学校が私服で制服がないといった場合、制服っぽい黒か紺の服装もしくは大人と同様のフォーマルを着用するようにしましょう。ただし、黒か紺とは言っても光沢感のある素材でできた服は派手なので避けるべきだと言えます。
中学生や高校生の場合、普段、男女ともにおしゃれにも気を配りたがる年頃ではありますが、葬式時の髪形などは過度なヘアアレンジは行わず、極端に髪を明るく染めるといったことも避けるようにしましょう。

新宿区の本性寺では樹木葬を行っています

子供は喪服のレンタルも検討しましょう

小学生以上の子供たちの場合、前述の通り、学校に制服があれば葬式時にもその制服を着用することで問題はありませんが、もし制服がない場合、葬式に合わせてフォーマルを買い揃えるのもなかなか大変です。せっかく揃えても体の成長によってすぐに着られなくなってしまうからです。こうした場合は喪服のレンタルを行なっているショップなどを利用して出席するようにした方がよいでしょう。